行政書士・千葉帯之

プロフィール

行政書士プロフィール

千葉 帯之(ちば たてゆき)

帯安行政書士事務所 代表

行政書士/遺品整理士

「東仙台よろこびの会(社会福祉協議会所属)」相談役

●出身:

仙台市(若林区生まれ 宮城野区育ち)

 

●血液型:A型

 

●大切にしている言葉:

信頼されること、人の役に立つこと。

 

●好きな映画俳優:

モーガン・フリーマン/ジェイソン・ステイサム/

ジャック・ニコルソン/デンゼル・ワシントン

 

●好きなこと:

DIY(事務所づくり)/人と人の輪を拡げること/猫の世話

 

●休日の過ごし方:

  • 蔵王にチーズを買いに行く

  • 定義山に油揚げだけを食べに行く

  • IKEAや家具屋さん、ホームセンター等をまわってDIYのイメージをする

  • 沿岸部に旬の海の幸を堪能しに行く

千葉 帯之が行政書士になるまで

仙台市内の運送会社に就職
国産バイクメーカーの製品を東北六県に4トントラックで配達。

「バイクの積み下ろしは上手いけど、バイクの運転は全くできないあの運転手さん」として

少し有名になりました。

1990年代

リフォーム営業の世界に入る
「自分で作った方が安くてやり直しもきくから、日曜大工っていいかもしれないな…」と

考えるようになりました。

2000年代

人材派遣営業の世界に入る
一番うれしかったのは給料が上がることよりも、派遣労働者や派遣先から

「あんたのお陰で助かった」と言われた時でした。

2000年代

2013年

行政書士として「帯安行政書士事務所」を開業、今に至る

行政書士になった理由

軽率ですが、トラック運転手時代に漫画を読んで、

法律系の資格者がカッコ良いと思っていました。

身内の遺産相続を手伝う機会があり、好奇心や向上心が絶えず、

行政書士試験のため勉強するようになりました。

そして、実際に行政書士の資格証を手にした時は

「これで本当にあの苦労(身内の相続手続きをしていたころのこと)を、

困っている人のために仕事として手伝うことが出来る。

そういう国家資格を取得した…」

という喜びに変わりました。

トラック運転手時代・営業経験時代の経験も、

きっと人の役に立てるはずだと確信し、今に至ります。

遺産相続の手続きに関すること、

得意としています。

  • 遺産分割協議書の作成

  • 遺言書の作成

  • 遺産分割協議書や遺言書の内容実行のサポート

  • 家族信託契約の活用のアドバイス

  • 事業承継と相続手続き等が混合していることへのアドバイス

  • 住居や店舗の閉鎖、原状回復等に関するお手伝い

  • その他、帯安行政書士事務所で対応が可能なこと

事務所案内・アクセス

遺産相続・遺言サポートの
帯安行政書士事務所 
たいあんぎょうせいしょしじむしょ
行政書士 千葉 帯之

〒983-0834
宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2
(東北本線「東仙台駅」より徒歩約10分)
Tel : 022-778-7566   
E-mail : office@taian-senkodo.com

◆ 駐車場 : あり
◆ 定休日 : 日曜(他不定期で月数回)

ご相談予約・お問い合わせ

お電話またはメールフォームより、まずはご連絡をお待ちています。

​メールは24時間、受け付けしています。

ご相談・お問い合わせ内容は簡単で構いません。

お名前は名字のみでも構いません。

© 2018 帯安行政書士事務所.